ブログ

イタリア旅行記詳細

国際通話事情(10年以上も前の・・・)~美食の街 パルマ


便りがないのは元気な証拠。とはいえイタリアにたどり着いてから一度も実家に連絡していなかった。どうせ暇を持て余しているし、ここらで一回連絡しておこう。

当時のイタリアでは携帯電話など皆無、いたるところにカード式の公衆電話があった。キオスクでカードを購入、早速日本に電話をかけた。皆元気そうだ。ナンだかすぐ近くで話しているような錯覚にとらわれる。テレビの海外中継の時間差のイメージがあったのでなんだか拍子抜けだった。しかし電話って凄いなァ、と今更ながら思った。

 

電車の乗り方も慣れてきたので、次の街まで大移動することにした。目指す街は美食の街、パルマ。生ハムやパルメザンチーズが最も有名。パルマと聞いただけでよだれが出そう。車窓を眺めながら、またしてもワクワクが止まらなかった。
パルマに到着。映画の舞台にも登場するこの街はジェノヴァとはうって変わって整然とした美しい街だった。

 

街の中心の大聖堂及び鐘楼,洗礼堂は薄いピンク色の大理石で造られ、夕景などは それは美しく、ゴミ一つ落ちていない、よく手入れされた(褒めすぎ?)街だ。

 

ホテルの湯船にだまされてすっかり学習できたのでやっぱり安宿、ユースホステルに向かう。パルマのユースは今までのそれと違い、古い要塞の城壁のなかにあり、分りやすかった。チェックインには相当時間があるし、この要塞跡(城はとっくに無い)は全体が公園になっていて芝生もふかふか、余りに気持ちいいので、パンとチーズ、ハムでも買ってきて一人ピクニックでもするか・・・(ちょっと寂しい・・・)パンはどこで買ってもやっぱりあんまり美味しいのにはあたらないが(フォカッチャは別格!!)本場パルマで食べた生ハムの美味さときたらスライサーで極薄にスライスされたハムはちょうどいい塩加減で旨みが濃く、脂に癖が無い。なにしろ口の中にとろけこんでパンの固さを忘れさせる。ああァうま~ィ手で厚くスライスして肉感の強いハムも好きだけど、このときばかりは衝撃をうけた。今まで食べてきた生ハムは少し厚めにスライスされたものばっかりで脂身も少なく硬い印象だった。健康ブームで敬遠されがちな動物性脂肪だが、旨みは脂にあり!!

 

漢字一つとっても明白なのである。食べ過ぎなければいいだけのことなのだ。

一人ピクニックを堪能満喫したあと、まだまだ時間がありそうなので今後お世話になるレストランを探そうと街を散策した。

イタリア食堂 -Fagotto-

神奈川県相模原市南区相模大野6-19-8
TEL:042-813-9311
営業時間:
11:30~14:00(L.O)15:00 close
17:30~22:00(L.O)22:30 close
休日の前日(金曜日、祭日の前日)は22:00(L.O)です
ランチ営業、日曜祭日営業
定休日   なくなりました!毎日元気に営業中!!

年末年始にお休みを頂きます。詳しくはお電話でお問い合わせ下さい。
(もんじぇ祭りなどに参加する場合等、変則の休みが発生する場合もあります)

当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1Lt3eRa

休日情報

  • facebook
  • twitter
  • mixi